02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

nachamamaAKKO

Author:nachamamaAKKO
プードルの親子と暮らしています
  菜々  2005.4.19.生 ♀
  茶々丸 2007.6. 7.生 ♂

編み物・縫い物・お料理・・・
手作り何でも大好き♪

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

素晴らしい70年も前の日本刺繍♪

2016.05.22 10:00|hand made
母の日本刺繍1 
先日の女子会で実家に集まった時に
母が取り出してきた箱
中には母が刺した日本刺繍が入っていました
母の日本刺繍2 
女学校時代は1年2年しか勉強は出来ず、その後は山で勤労奉仕の日々だったそう
その時に刺した刺繍だそうで、70年程も昔の物です
母の日本刺繍3 
布も選べない時代
着物の仕立てをしていた祖母からもらった余り布なので
私が見ても刺しにくそうな布ばかり・・・
母の日本刺繍5 
↑これは裏側 ご飯を練った糊を塗って蒸気で乾かしたそうです

以前に母の日本刺繍の入った布で仕立てた和装バッグをもらいましたが
こんなに沢山残していたのですね
何処に置いてあったんだろう?
母の日本刺繍4 
絞りの布地をアップリケにしたのかと思ってみていると・・・
違いました、糸を密に刺して絞り布のように表現しているんですね、スゴ~イ!
母が貰っておいて欲しいというので、私がいただいて帰りました(*´◡`*)

私が子供の頃に、母は文化刺繍や洋裁、編み物などを夜なべにしていました
こんな刺繍が10代で出来ていたのですから
細かい作業はお手の物だったのでしょう
その頃は、あまり自慢げには話しませんでしたが
日本刺繍だけ(!)は学年トップだったそうです(*^^*)

これを「そんなんいらんわ~~」と言わずに
「凄いね~、私が貰っても良い?」と持ち帰ったのがとても嬉しかったそうです♪
私も自分が作った物を喜んでもらってくれると、凄く嬉しいので
母の気持ちがよくわかります♪

今は恵まれた時代なので、何かを作ると言っても
材料はふんだんにあり、学ぶ場もいくらでもあります
物のない時代、家庭科で教えてもらった思い出も一緒にいただきました(*^―‘)b

**************************************

私は、秋のイベントに向けて作品作りの傍ら
タタラでお箸置きを量産中^^
たたらで量産 


私のブログに来て下さってありがとう(*v.v)
ポチッと応援クリック! よろしくお願いします(^_-)-☆
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ 
スポンサーサイト

コメント

No title

素晴らしいものを見せていただきました。
AKKOさんの器用な手先は、お母様から受け継がれたものなのですね。
そう感じましたよ。
私など、気の遠くなるような作業で、作品を見てただただため息をつくばかり。
物のない時代にも、こうやってコツコツと刺してこられたものですから
貴重この上ない作品ですね。
AKKOさんにとって、宝物ですし、この宝はAKKOさんのお嬢さんにも
受け継がれるといいですね。
針の穴に糸を通す作業すら面倒になってきた私ですが、眼の保養をいただいたようです。
ところで、この大量な箸置きはどうされるのでしょう?

No title

素晴らしいですね、
繊細で色もきれいで70年も経っているなんて思えません。
大切に保管れていたことがわかります。
AKKOさんの手に渡ったのは、
作品だけじゃなかったですね。
編み物や手芸など手仕事の技もちゃんと伝わっています。
娘さんたちがいてお母様お幸せだと思いました。

sionさんへ♪

わが母の物ながら、素晴らしいでしょ~♪
本当に気の遠くなるような作業ですよね
生地がちりめんだったり、繻子だったり、刺しにくそうな布ばかり
15,6才の母がコツコツと刺していたのでしょうね
私は子供の頃から一つの事を最後までやり通す根気だけはありました。
出来なくて悔しくて半べそを何度もかいていましたけど^^
そんな所は母譲りだったのでしょうね(*^―‘)b
残念ながら娘は全く針を持たず、手作りもあまり得意ではないんですよ
私の教育が悪かったのかな~^^

箸置きは100個以上作っています♪
作品展で来て下さった方にプレゼントする予定です(*´◡`*)

ぶんぶんさんへ♪

素敵でしょう~♪ みんなで感心しています♪
作業の細かさに圧倒されました
赤い布は鏡台の鏡のカバーに縫い上げられていましたが
裏地はボロボロでさわると粉々になりましたが、表地は大丈夫でした(*^―‘)b
時間を見つけては編み物をする母の手の動きがあまりに速くて
子供の私にとっては魔法のようでした
あの頃は大人になるまでに出来るようにならなければ!と思っていましたが
時代は変わって、私がいろいろ作っていても娘は全く手仕事に興味無し^^
でもこの刺繍には感心しきりでした(*^^*)

No title

こんばんは。

お母様も器用な方だったのですね〜。
AKKOさんお母さん似なんですね。羨ましい。
義母もよく似たものを作っておりました。
義姉がそれを赤い大きな額に入れた物が我が家にあったのですが
義母が亡くなって、我が家にあっても飾る所がないので今は義姉が持っています。
お母様もAKKOに貰われて嬉しかったのですね。



なでしこさんへ♪

こんばんは♪
旅行のお疲れはとれてきましたか?

お義母様もされていたのですね
日本刺繍は当時の女性のたしなみだったのでしょう
袱紗に仕立てた物が2点、赤い地に鼓の刺繍は鏡台の鏡のカバーに仕立てられていました。
どんな風に飾ろうかと考慮中です(*^^*)
自分が作った物すべてを残せるわけではないけれど、
一つ二つでも子供達が欲しがってくれたら私も嬉しいですからo(*^▽^*)o~♪
非公開コメント