05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

nachamamaAKKO

Author:nachamamaAKKO
プードルの親子と暮らしています
  菜々  2005.4.19.生 ♀
  茶々丸 2007.6. 7.生 ♂

編み物・縫い物・お料理・・・
手作り何でも大好き♪

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

お盆の墓参2015♪

2015.08.15 14:10|家族
一雨降って、少~~しだけ凌ぎやすくなりました(*^^*)

お盆の墓参に帰省しました
酷暑の日々で熱中症にならないかと心配していたのですが
この日に限って傘マーク
山の上にあるお墓なので、雨も困ります・・・
墓参を済ませてしばらくして雨が降り始めました
きっと ご先祖さまが見守って下さっていたのでしょう(*^―‘)b
2015お盆の墓参ぼかし 
昨年は入院していた義父ですが
今年は休み休みながらも登り切り、92才の健脚ぶりに感服です^^

お墓参りの時にいつも訪ねる叔母さん(亡き義母の妹)宅で
暫く休憩をさせていただいてから
叔母さん推薦のお店へ みんなでランチに出かけました♪
《 イタリアンレストラン OZ 》
棚田百選のひとつ 《 毛原の棚田 》 の奥にこんなお店があって、義父はビックリ
イタリアンレストランOZ-2 
叔母の明るい人柄で、会話も弾み、楽しい午後のひと時でした♪
小豆と栗の入ったご飯をたくさん炊いておいて、持ち帰らせてくれました
いくつになっても、腰が痛くても、まめにお料理をされます
料理をする人はボケないと聞きますが
義父と叔母を見ていると納得です(^_−)−☆

お盆ですから、義父は仏壇に花を飾り、お膳をキチンと準備して
床の間にはお軸が掛けてあります♪
これは亡き母が友人と西国三十三ケ所を巡っていただいたご宝印の軸ですが
巡礼途中で義母が亡くなったので
義父が残り数か所を回って集印し表装したとのこと
以前にもその話を聞いたことはあったのですが、あまり興味がなくて・・・
掛け軸 
お仏壇の前に布団を敷いて泊まり、床の間にこのお軸が掛けられ・・・
そのせいか? 何度も目が覚めて、気になって
翌日からネットで色々調べたり、巡られた方にお話を聞いたりしています
年齢も重ねてきましたので^^
そろそろこういう事にも興味が湧いてきたような気がします(*´◡`*)




私のブログに来て下さってありがとう(*v.v)
ポチッと応援クリック! よろしくお願いします(^_-)-☆
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ 
スポンサーサイト

コメント

No title

AKKOさんも墓参に帰られたのですね。
昔ながらの墓地は山にあることが多いので、年齢が高くなるにつれ
お墓参りも大変な行事になりますね。
夫の実家は、前が海、後ろが松林になっていて、そこに墓所があります。
お参りは帰るたびに出来るのですが、子供たちが小さい頃は
墓が近くにあることが怖いみたいでした。
毎年、そのお墓の前で、お正月、お盆には家族全員がそろって記念撮影をしています。
写真を見ると、子供たちの成長ぶり、自分たちの加齢していく姿をを感じます。
四国八十八か所、義父たちも何番まででしたか・・お参りしてきていました。
義母が足の手術をしてから止まってしまい、それから義父が亡くなったりで・・
お参りも、元気なうちに回らないと全部が回れそうにないですね。
私はそう言うことに疎いので、あまり考えたことがないのですが…

sionさんへ♪

おはようございます♪
お盆って家にご先祖様達が帰ってられると聞くのに
お墓参りするのは何だか不思議ですけどね^^
迎えたり、送ったり、連日墓参をする所もあるようですね、大変です
sionさんもお正月にも墓参をされているのですね
私の実家もそうでした。主人宅はお正月には参る習慣はないようです
全員揃っての写真は記念になりますね
そう、子供たちは成長し、私達はドンドン年を取ります^^
私も巡礼とかあまり興味はなかったのですが、
最近、自分たちのお墓とか宗旨とか、そういうことにも関心が出てきました(*´◡`*)

No title

お義父様お墓に参れてよかったですね。
お会いしたことないのに、
なぜか私もがんばらなくちゃって思います。

大先輩の方々から教えていただくことばかりです。
私はこの年になって知らないことばかり・・・
母の元気なうちにと急にあせっています。

ぶんぶんさんへ♪

ご先祖様や義母のために・・・というのはもちろんですが
この坂を登れるかどうかで義父は自分の体力の度合いを判断している気がします^^
お参りが済むと本当にホッとしている感じを受けます

もし義父や叔母の年齢まで生きられたら、私はどうしているだろう
と、いつも考えます
その年にならないとわからない事ばかりかもしれません
お母様は聞けば何でも知ってられそうな感じ♪
いっぱい教えてもらっておいて下さいね(^_−)−☆
非公開コメント