07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

nachamamaAKKO

Author:nachamamaAKKO
プードルの親子と暮らしています
  菜々  2005.4.19.生 ♀
  茶々丸 2007.6. 7.生 ♂

編み物・縫い物・お料理・・・
手作り何でも大好き♪

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

北海道タンデムツーリング(2)

2015.07.09 22:20|旅行

タンデム7 
7月4日(土) やや曇っているけれど まずまずのお天気♪
いざ出発~(*^^*)
30分程で 《 ニッカウヰスキー余市蒸留所 》 に到着♪
ドラマのマッサンで有名になった場所ですが
私達はそれぞれ40年ほど前にココを訪れています
主人は社会人になった頃で、高校時代の友人と
私は大学生で友人と二人で1ヶ月の北海道旅行(カニ族)
変わらぬ赤い屋根のこの景色 当時を思い出して懐かしい
タンデム8 
竹鶴政孝とリタ婦人の住まいが移築されて、一部公開されています
想像していたより大きな和洋折衷の素敵な家♪
政孝からリタさんへ本をよくプレゼントしたそうですが
その本に美しいスペルでメッセージが書き込まれていました❤
タンデム9 

余市から積丹半島に向かって 旬の雲丹を食べたいな~~とも考えたのですが
本日の移動距離を考えて、雲丹は見送り(。-_-。)
余市はさくらんぼの産地でもあるようで 美味しい佐藤錦のさくらんぼを買って
小樽に戻り、オロロンラインのR231を目指して走ります
タンデム10 
石狩市のサーモンファクトリーでお昼ご飯の頃は
曇っているのと 風を切って走るので体感気温が下がり 寒い!
雨具のオーバーズボンをはいて、リュックの上から雨合羽を着て防寒

タンデム12 

タンデムの姿を何とか撮ろうとして頑張りました(^_−)−☆

タンデム11 

日本海に沿って北に向かう稚内まで続くオロロンライン
その一部、留萌まで走ります♪
タンデム13 

タンデム14 

タンデム15 

途中 浜益のカフェで温かいコーヒーで30分休憩し
海沿いの景色とトンネルが続く道をひたすら走って 17:30に留萌の宿に到着

《 ホテル神居岩 》
温泉宿を予約していて正解(*^―‘)b
冷え切った身体を芯から温めてホッとしました
雲が低く垂れこめた空だったので無理かもと思っていましたが
バイクで宿から5分ほどの日本の夕陽100選のひとつ「黄金岬」へ向かうと・・・
タンデム17
雲が晴れていました♪ 美しい夕陽を見ることが出来て良かった~~♪
  (本日の走行距離 255.5km)


私のブログに来て下さってありがとう(*v.v)
ポチッと応援クリック! よろしくお願いします(^_-)-☆
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ 

スポンサーサイト

コメント

No title

お天気が崩れなくてよかったですね。
AKKOさんは晴れ女なのでしょうか?^^
車と違って、二輪車は雨が降ると大変ですものね。
余市の「ニッカウヰスキー余市蒸留所」素敵なところなんですね。
北海道は一度しか行ったことがなく、それも2泊3日の安いツアーでしたから
行く場所も限られてて…
今度行く機会があったら、AKKOさんのブログを参考にさせていただきたいです。
それにしも2輪車での255kmなんて、AKKOさんもさることながら
運転されたご主人もお疲れだったでしょう。

No title

おかえりなさい!
初夏の北海道はいいですね。
バイクでツーリングなんて、
AKKOさんご夫婦らしくて感心しました。
びっくりするやらうらやましいやら・・・
*\(^o^)/*
広大な土地と自然を満喫できましたか?
夕陽もきれいですね。

No title

Akkoさん、旅行記読ませてもらっています。
さすがAkkoさん御夫婦、羨ましい限りです。
とくに主人がすごく羨ましがっています。
私達は北海道に行った時はいつもレンタカーです。
バイクは怖い気もしますが気持ちいいでしょうね〜。
今日が一番若い日 ですものね、色々経験するのも良いですね。
続き楽しみにしています。



sionさんへ♪

雲は多めでしたが雨には降られずラッキー♪
昔と変わらない石造りに赤い屋根の蒸留所、懐かしかったです
北海道には見どころがたくさんありますが
離れているので、アチコチみようとすると何時間もバス移動・・・
となることが多いのが難点ですね
車と違って運転の交代は出来ないことは承知の上での旅行ですが
その「走り」が一番の目的(*^―‘)b
ただし、後ろに重い荷物?が乗っているので運転は楽ではないようです(^_^;)

Re: No title

ただいま~~♪
本日、主人も無事帰還いたしました^^
ちょっと勇気のいるチャレンジ旅行で、いろいろ心配もしましたが
無事帰り着いてホッとして、楽しかったことを思い返す余裕が出てきました^^
何処までも一直線の道路はアチコチにありましたが
後半の主人一人の時に走った道はまさに北海道!って感じだったようです
期待薄だった夕陽、垂れこめた雲が晴れていて嬉しかった~o(*^▽^*)o~♪

なでしこさんへ♪

ご主人さまはハーレーに乗ってられたのですものね
血が騒ぐって感じじゃないですか?
バイク野郎?はオジサンばかり、もっと年長な方も悠々と旅をされていました
私達も旅行は車移動が多く、いつも荷物もお土産もいっぱい^^
バイクという荷物も服も制限のあるこういう旅も面白かったです
「今日が一番若い日」ってなるほど~って思いますね(^_−)−☆

No title

充実の旅でしたね。
お疲れは残っていませんか?
自分たちがスケジュールを立て、行きたいところを全部マークしての旅
贅沢な旅だと言えますね。
私も再び北海道を訪れる機会があったら
自分で調べて、自分が行きたいとこをを重点に旅したいと思いますね。
北海道はデッカイドーなので、これも体力のあるうちにと言うことになりますから
あと数年のうちに実現できるといいな・・・
旅日記として書ききれなかったと思いますが
充実の旅の様子は十分に伝わってきました☆
お疲れ様でした。

sionさんへ♪

記録として残すためにもう少しつづきがあるので、
残りは時間がある時に読み飛ばして下さいね(^_−)−☆
北海道は好きな場所です、若いときから何度か行ってますが
そのたびに楽しみ方が変わってきています
5年前に姉と行ったときは美瑛と富良野だけで2泊3日
ツアーなら半日で飛ばしてしまうところですね
下調べをしている時も旅行の一部のように楽しんでいます
今はネットで詳しく調べられるので便利ですね
sionさんも計画を立てておいて、実現の日を楽しみにしてくださいね(*^―‘)b
非公開コメント